« 公共施設の食堂というもの | トップページ | 値段と味のバランス »

2005年8月30日 (火)

ビヤホールのランチ

 その前に、昨日の続きなんですが、「なぜ、豚肉とピーマンの細切り炒め丼を食べてから、その食堂に行かなくなったか?」なんですが、答えは極めて簡単です。『レトルト』だったからです。冷凍食品かも知れませんが、結局同じことです。たとえば、レトルトのカレーや中華丼、牛丼などがありますが、レトルト独特の味は、各メーカー共通です。私も、レトルトは食べてきましたし、これからも食べますが、「食堂でわざわざレトルトを食べる必要はない」ということです。昨日の食堂はカツ丼はレトルトではありませんでした。だから、値段と味を考慮すると合格点が出せるわけです。

 くどくなったので、本日の昼食の話に移ります。今日は旭川大雪地ビール(旭川市宮前通り11丁目)に行ってきました。122530082005 本日の定食が売れ切れだったので、ラーメンを食べました。写真がそのラーメンです。値段は580円です。とんこつ系のしっかりしたラーメンでした。しかし、驚いていてはいけません。なんと、ライスは無料サービスです。小ライスから大盛ライスまで、無料なのです。さらに、ミニ地ビールかコーヒーまでついて、580円なのです。

日ごろ、「ご飯大盛り運動」を心がけている(なぜかはこの次にね!)私は、当然のことながら、ご飯大盛りとミニ地ビールを注文しました。この写真がそれです。122430082005 左にあるのが、大盛りライスです。(ラーメンは普通サイズです。念のため)

ラーメンの右にあるのが、ミニ地ビールです。写真の状態はすでにビールだけ飲んだ後です。

これを完食したら、お腹一杯になってしまいました。(スープまで残さず飲み干しました。)大満足です。ラーメンのほかにもいくつかのメニュー(720円~900円位)ありました。ビヤホールのランチはお勧めです。(といっても、ここ、大雪地ビールは特別かな!)

※写真をクリックすると大きくなります。

|

« 公共施設の食堂というもの | トップページ | 値段と味のバランス »

旭川(レストラン、洋食、ファミレス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133564/5714783

この記事へのトラックバック一覧です: ビヤホールのランチ:

« 公共施設の食堂というもの | トップページ | 値段と味のバランス »