« 音威子府の黒いそば | トップページ | 商売繁盛の秘訣 »

2005年9月 8日 (木)

公共施設の食堂というもの2

 レストラン北彩都、2回目の登場です。というよりも、時間の関係で、またまたここに来てしまいました。こうなったら、全メニュー制覇するまで通いますか・・・・(ーー;)

 122308092005 本日食べたのは、醤油ラーメンと小ライスです。350円+100円の計450円です。一般の食堂と比較すると安いですよね!ラーメンも美味しそうに見えるでしょう!

実は、ここの食堂はラーメンを作っている姿が丸見えなのですが、素人に毛の生えたような、でも、なかなか素敵なお姉さんが作っています。毎日交代で作っているようです。そのため、ラーメンのできにムラがあります。本日のラーメンは、「スープはしょっぱく、しかもぬるく、麺は相変わらず美味しくない。」といった状況です。スープの味そのものは、悪くはありません。メンマやチャーシューもまともです。でも、麺は・・・・・(>_<)

 せめて、作る人を固定するとか、素人でも失敗の少ない麺を使うとか工夫してくれれば、もう少しまともになると思うのですが・・・!

 今日も相変わらず空いていて、もったいない気がします。もっと一般の人が利用すれば、活気もでてくると思います。

 まあ、値段が値段なので、文句を言ってはだめなのでしょうが、実は、これと同じ値段で同じメニューを食べることができる食堂があるのです。いずれ紹介しようと思います。

|

« 音威子府の黒いそば | トップページ | 商売繁盛の秘訣 »

旭川(公共施設)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133564/5852961

この記事へのトラックバック一覧です: 公共施設の食堂というもの2:

« 音威子府の黒いそば | トップページ | 商売繁盛の秘訣 »