« 「長崎家」で、ラーメンを食べずに餃子を食べた! | トップページ | JR五稜郭駅近くの「てっちゃん」 »

2007年6月 7日 (木)

「紫ぜん」の欧風料理に舌鼓

 先週の飲み会三連荘の最終日です。

 この日は、函館の直ボスMさんと共に、「紫ぜん」(函館市豊川町10-10)に行きました。倉作りの倉庫を改修しているようです。でも、欧風料理と書いてあります。

133dscf3433_1  133dscf3440_1

 このお店は、フランス料理のお店ですが、お店のたたずまいや内装は和そのものです。しかも、箸で食べるフランス料理です。まずは、うにのなんとかと何とか貝のなんとかです。

133dscf3450  133dscf3463

 フランスパンは温かいです。それぞれの料理のソースを、このパンで食べます。美味しいです。

133dscf3458

 ホワイトアスプラと鮎のなんとか、栗がにのスープです。

133dscf3466  133dscf3476

 あわびとなんとかのサフランソース、エビのなんとかです。

133dscf3482  133dscf3484

 お肉です。牛ヒレ肉のステーキです。とても柔らかいお肉でした。

133dscf3496

 デザートです。紅茶にしました。

133dscf3499

 それにしても、○○のなんとかという表現が多くて申し訳ありません。なんせ、聞いた時は覚えていたつもりだったのですが、後になってみると全く思い出せません。まあ、日頃食べなれていないからですね!
 この「芝ぜん」さん、ランチは、1,575円からあるそうなので、我々庶民でも行けそうです。

 なお、この日は直ボスMさんにご馳走になってしまったので、いくらの料理なのかは分かりません!

banner2で順位を見る。

|

« 「長崎家」で、ラーメンを食べずに餃子を食べた! | トップページ | JR五稜郭駅近くの「てっちゃん」 »

函館(洋食、レストラン、ファミレス)」カテゴリの記事

コメント

すごく正直な記事で好感がもてました。
「○○の何とか」というのがいいですね。
だいたい料理屋さんのメニューって、わざと覚えにくくしているのではないかみたいな、一見おしゃれ、でも訳わからない的なものが多いですから。
とにかく、満足された、というのがよく伝わっているような気がします。

投稿: | 2013年1月12日 (土) 22時52分

お名前無し様、こんばんは!
もう5年以上も前の記事ですね。
その後、お昼にも行きましたが、かなり満足度の高いお店でした。
函館に行く機会があれば、またお邪魔したいです。その時は、料理の名前を控えてきます。
(あんとん)

投稿: 管理者 | 2013年1月13日 (日) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133564/15285652

この記事へのトラックバック一覧です: 「紫ぜん」の欧風料理に舌鼓:

« 「長崎家」で、ラーメンを食べずに餃子を食べた! | トップページ | JR五稜郭駅近くの「てっちゃん」 »