« 「ひゃくまる君」改め「すしまる」へ! | トップページ | 北斗市大野の「三條屋」で、天ぷらそばを食べる。 »

2008年8月 8日 (金)

長沼町「いわき」で、名物の赤字丼を食べてきました。

 今週は、札幌~空知方面に出張していたため、ブログの更新ができませんでした。しかも、デジカメを忘れていくという失態を演じ、お昼ご飯の写真も撮れずじまいでした。しかし、長沼町でデジカメを持っている人と合流できたため、長沼町名物「いわき」の赤字丼の写真だけは撮ることができました。

155dscf2956

 赤字丼はネットの世界でも有名で、検索するとたくさんヒットしますね!自分も食べましたよ!赤字丼(1,200円)を・・・・・!

155p1030220

 噂どおり海老は大きいです。でも、しっぽを見ていただければ分かるかと思いますが、5本の海老の大きさは、特大~大まで差があります。下の写真でいうと向こうから2本目の海老が最も大きかったです。長さは同じように揃えてあるので、太さが違います。赤字丼とはいえ、海老の大きさに差をつけるなど、それなりの工夫があるようです。

155p1030224

 さて、味の方ですが、これも評判どおり、サクサクした天ぷらはとっても美味しいです。添えられている塩からと三升漬けもいいです。そう思って食べていたら、四本目くらいから天ぷらの油が体に染みこんできて、辛くなってきます。最後に、天ぷらの油が染みこんだご飯を食べ終わった時は、もうしばらく天丼はやめようと思いました。

 赤字丼の値段は、1,200円と多少高値ですが、食べるに十分の値があると思いました。長沼名物の赤字丼、やはり一度は食べるべきだと感じて帰ってきました。

banner2で順位を見る。

|

« 「ひゃくまる君」改め「すしまる」へ! | トップページ | 北斗市大野の「三條屋」で、天ぷらそばを食べる。 »

道内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133564/42107172

この記事へのトラックバック一覧です: 長沼町「いわき」で、名物の赤字丼を食べてきました。:

« 「ひゃくまる君」改め「すしまる」へ! | トップページ | 北斗市大野の「三條屋」で、天ぷらそばを食べる。 »