« 「第9回食品元気祭り」に行ってきました。 | トップページ | 「ラッピ」の昭和店に初訪問! »

2008年10月 7日 (火)

やきとり「千福」で、大満足!

 この日もまた、いつもお世話になっている『函館の飲み食い日記(BLOG)』さんの記事(こちら)を参考にさせていただきました。

 オヤジさんの記事を見た時から、絶体に行くと決めていた「千福」(函館市本町34)です。いやー、素晴らしい佇まいです。

155dscf3867

 店内も、これまた素晴らしいです。オヤジさんが書いていたとおり、長い歴史を感じるお店です。メニューはシンプルです。

155dscf3868

 豚串(90円)を塩とタレで焼いてくれました。ジューシーで美味しいです。何といっても柔らかいです。美味しかったので、おみやげ用も焼いてもらいました。

155dscf3875

 とり串(120円)とタン(90円)です。このとり串も柔らかくて美味しかったです。

155dscf3884

 お酒もたくさん飲みましたが、ビックリするくらい安かったです。オヤジさんの★五つは、さすがのお店でした。「千福」さんは、函館の食文化そのものだと思います。できる限り長く続けて欲しいお店です。自分もファンになってしまいました。

 ところで、やきとり=豚肉というのは、室蘭のことだと思っていましたが、函館もそうなんですよね!旭川時代、いわゆる美唄焼きとり(とりもつ)の美味しさにはまっていましたが、函館に来て1年半、すっかりこの豚肉やきとりにはまっております。しかし、室蘭やきとり(タレベース+洋からし)だけがもてはやされているようですが、なぜ函館やきとりとは言わないのでしょうか?東京のやきとんがベースだからでしょうか?

banner2で順位を見る。

|

« 「第9回食品元気祭り」に行ってきました。 | トップページ | 「ラッピ」の昭和店に初訪問! »

函館(焼き鳥、焼肉)」カテゴリの記事

コメント

行ってきたんですね。実は私も金曜日に行ったのですが、満員で入ることができませんでした。ひょっとしてその日かなー
ここのご主人、リタイアを宣言していますので、閉店は時間の問題だと思います。
さみしいですね。それまでは、このお店とこの味を脳裏に焼き付けておきたいと思っていました。こういうお店、料理だけではないホント”味”がありますねー
函館やきとりは、まったく同じ思いなのです。室蘭があるんなら函館やきとりもあるべきだと思っていまして、北海道の他の地域とで差別化できて、ちょっとだけ独創的で、大衆的な料金でというのがキーワードかなー。

投稿: オヤジ | 2008年10月 9日 (木) 00時28分

オヤジさん、おはようございます。
行ってきましたよ!金曜日ではなく、今週の月曜日でした。
またまた、オヤジさんに素晴らしいお店を教えていただきました。
しかし、閉店は仕方がないとはいえ、残念です。誰か継承してくれたら良いのですが、この値段を維持するのは難しいのでしょうね!
出来る限り続けて欲しいと思います。自分も、店が続く限り行くつもりです。
やきとりについては、函館しか知らない方は、当たり前のように思っているかもしれません。函館やきとりも立派な函館の食文化だと思っています。
(sayupapa)

投稿: オヤジさんへ | 2008年10月 9日 (木) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133564/42715974

この記事へのトラックバック一覧です: やきとり「千福」で、大満足!:

« 「第9回食品元気祭り」に行ってきました。 | トップページ | 「ラッピ」の昭和店に初訪問! »