« 札幌、「ホテルポールスター レストランサブール」の土日祝ランチバイキングでお腹いっぱい! | トップページ | 札幌、「初美食堂」で昭和気分に浸れるか? »

2012年10月16日 (火)

札幌、「冨士屋」のカツ丼は、市内一のCPだと聞くが、果たしてその真相やいかに?

 「冨士屋」(札幌市北区北13西4)です。

2012101506

 外の看板メニューにはカツ丼はありませんが、ちゃんとメニューに載っています。

2012101501

 それにしても、ご飯の大盛り無料は、理解できますが、激盛ライス20円増って、どういうことでしょう?

2012101502

 そんなわけでカツ丼(550円)です。こちらのお店は2回目の訪問ですが、初カツ丼です。ちょっと待ったけど、運ばれてきたカツ丼にまずは満足です。

2012101503

 色つやもいいですね。美味しそうです。

2012101505

 肉は厚く、衣も薄い!まさにカツ丼の理想形とでも言えるでしょうか?
 そして旨い・・・・・・・!
 健康に気を使った薄味カツ丼ではなく、体育会系のしょっぱいカツ丼です。これは旨い!

2012101504

 ご飯大、おかず大というカツ丼を食べているお客さんがいましたが、よ~し、次は、ご飯激盛りおかず大のカツ丼を食べてみましょう!(うそですよ!)

 ところで、タイトルに書いたことですが、評判のとおりだと思います。

|

« 札幌、「ホテルポールスター レストランサブール」の土日祝ランチバイキングでお腹いっぱい! | トップページ | 札幌、「初美食堂」で昭和気分に浸れるか? »

札幌(食堂、定食屋、喫茶)」カテゴリの記事

コメント

これですね♪
お肉厚くて、衣が薄い、味がちょっと濃いめ
本当に理想的!!
札幌じゃなきゃ、明日でも行くのに・・・
ぜひ激盛りを見せて下さい!

投稿: John.John | 2012年10月18日 (木) 13時58分

John.Johnさん、こんばんは!
カツはもちろん揚げたてです。
食べなきゃ損と言ったレベルのカツ丼ですよ!
札幌に来たら是非食べてみてください。
(あんとん)

投稿: John.Johnさんへ | 2012年10月18日 (木) 23時56分

こんにちは。携帯からです。

もしかしたら・・・同じ日に訪問していたかも、ですね☆


ここのカツ丼は肉も厚く、濃厚な味付けですよね♪

投稿: cartman | 2012年10月19日 (金) 13時57分

おばんでございます。ここは美味しいですね。拝見して久しぶりに行ってみたくなりました。「とんかつすみだ川」のカツどんもまた、特徴あり。です。

投稿: so | 2012年10月19日 (金) 20時16分

cartmanさん、こんばんは!
・・・・・・汗
気ままなブログの記事になるのを待っています。
カツ丼、最高ですね。
(あんとん)

投稿: cartmanさんへ | 2012年10月20日 (土) 01時27分

soさん、こんばんは!
こちらのカツ丼、値段、味、ボリュームともにそろった素晴らしいカツ丼でした。
すみだ川さん、まだ行っていないんです。
興味はあるのですが!
(あんとん)

投稿: soさんへ | 2012年10月20日 (土) 01時31分

今晩はって言うかオハヨウ御座いますの時間でしょうか(笑)

函館「江戸八」的な味のカツ丼の様な感じがしました☆

ですが550円はコスパ凄い♪

行ってみたいです、大盛りで(笑)

投稿: まな様 | 2012年10月20日 (土) 04時39分

まな様さん、おはようございます。
江戸八さんもカツ丼が評判ですね。
こちらのお店は、値段も魅力です。
大盛りではなく、是非、激盛りでお願いします。
(あんとん)

投稿: まな様さんへ | 2012年10月20日 (土) 09時35分

こんにちは(^^)


メモしました(笑)(^^)


これは行きたいですね~

投稿: オラキオ | 2012年11月 6日 (火) 14時42分

オラキオさん、こんばんは!

お勧めですよ!

カツ丼、大盛りですね。

(あんとん)

投稿: オラキオさんへ | 2012年11月 6日 (火) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133564/55914164

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌、「冨士屋」のカツ丼は、市内一のCPだと聞くが、果たしてその真相やいかに?:

« 札幌、「ホテルポールスター レストランサブール」の土日祝ランチバイキングでお腹いっぱい! | トップページ | 札幌、「初美食堂」で昭和気分に浸れるか? »